結婚式の招待状

結婚式は新郎新婦だけでなく、それを祝うための客達がいなければ式を挙げる意味がありません。
直接声をかけられればよいのですが、遠方に住んでいる人間となれば行くのが難しいことになるため、手紙を送って自分たちが結婚式をすることとその招待をすることを伝える必要があります。
今では携帯電話やネットの存在もありメールで伝えるというのも1つの方法ではあるのですが、誰もがその媒体を持っているとは限らないため、招待状を送るのが一番確実で無難な方法であるといえます。

送るとなればポイントとなるのは招待状の中身です。
送る相手は人によって変わってきますが基本的には普段からお世話になっている方を呼ぶことが多いため失敗してしまうと挙げる前にその人達の気分を害することになってしまいます。
マナーも存在するためそこも踏まえて書いていかなければいけません。
では送る側として招待状はどのようにすればよいのでしょうか。

結婚式の招待状は送る側だけでなく返す側もポイントとなります。
返信にも一定のマナーが存在し、失礼なことを送ると相手側との関係が気まずいものになってしまう可能性があるからです。
では返す側としては招待状にどのような返信をすればよいでしょうか。
しかし送る側も返す側もどちらにもいえることは相手に失礼のないように送ることはもちろんですが何よりも結婚式を祝福するという「気持ち」を込めることです。
マナーや決まりとしての理論も大事ですが、結婚式は恋愛という感情面が左右して行われるものであるため、そうした「気持ち」を含めることを忘れてはいけません。